ひとりぼっちのなつのすけ





先週金曜日の7月7日
茨城センターから引き出した
猫キッズ

センター業務時間終了間際

センターの車が役場から戻って来たのだ

「松本さーん、
今ね、車戻ってきて
また一匹来ましたよ」

センターの業者さんがおばちゃんを呼んでいるではないか



※おばちゃん達、猫の保護主は
感染症を二次感染させてはならぬという思いが強く
検疫期間を設け、兄弟ごとの隔離保護をしています
(兄弟と思われなくてもセンターに一緒に収容されてきた場合を除く)


なので
例えば
6匹兄弟→一腹
単独一匹→一腹

単独一匹ずつが三匹なら
腹が違うので
一匹ずつの保護をするため、ケージを3つ使用します

匹数ではなく「腹」なのだよ※


とはいえ
置いて来ることができず

じゃ 行こうか みたいな。


そのまま病院へ直行

抗生剤とインターフェロンと補液

土曜日も同じ治療

食べてくれるようになったが
念のため日曜日も病院にて注射


一に点眼、ニに点眼
(おばちゃん仕事のため母がだけど)

病院での治療と
母の点眼のおかげで

瞳、回復傾向
(画像4枚め)

保護時450グラムだったオッドアイの白黒小坊主は

すくすくと成長中



ひとりぼっちでケージに閉じ込めてごめん


だけど

君と、みんなと、
守るためだから


なつのすけよ
しばらく我慢しておくれ




~~~~~~~~~~~~~


入院中の
下半身付随、横隔膜ヘルニアの猫キッズ

どうか 生きて欲しいと強く願う


先生、本当にありがとうございます


よろしくお願いいたします。

助けられなかった命




先週の7月7日金曜日

茨城センターから引き出した
眼球がない
きじとら女子

衰弱がひどく
センターから病院へ直行

診察時間外だったが先生が待っていてくださり
診察していただいた

体温がは低く
とても厳しい状態だった

抗生剤とインターフェロンと点滴

そして
強制給餌してくださった


帰宅して
ドライヤーで温め
再び強制給餌



翌日の土曜日も病院へ

この日も前日と同じ治療
をしていただいた

体温は上がっていたものの
厳しい状態は変わらなかった


そして

未来(ミク)と名付けたきじとら女子は

土曜日深夜

静かに息を引き取った。



助けることができなくて
本当にごめんなさい。



縁あってわが家へやって来た命


未来(ミク)の

生きた証
残します。


どうか
安らかに眠ってくれ。



力不足で本当に申し訳ありません。

手術は延期に




先ほどの更新の後
(一つ下の記事)

病院からの着信

めちゃめちゃ ドキドキ

術前
再度のレントゲン(バリューム)の結果

腸などの臓器が、元の位置に少し収まり
呼吸も昨日までより穏やかになっているそうで

手術による生死のリスク を考え
本日の手術は延期となったのだ

横隔膜に穴があいているのでいずれは手術だそうで

入院させていただき
様子を見ながら後日
手術の運びとなったのだ

先生、本当にありがとうございます

どうぞよろしくお願いします。



画像は上から
金曜日、土曜日、日曜日

病院の診察室にて。


猫風邪もあり

インターフェロン、抗生剤注射、補液。

金、土と食欲不振だったのだが

おかげ様で日曜日朝から食べるようになってくれたのだ。


~~~~~~~~~~~~~~

ここ数週間のセンターからの引き取り
高熱のこが多く
体調不良猫が続出

回復した猫キッズ達と回
復傾向中成猫達

高熱はカリシだと思われる。


また、
今期はワクチン摂取後の
副作用かと思われる体調不良も多かった

ワクチン後
嘔吐と下痢や熱
または食欲不振など

点滴と抗生剤注射とインターフェロンの治療で
みんな回復


~~~~~~~~~~~~~

毎日迎えに行くことができなくなってしまった茨城センターでは

業者さんと職員さんが大変な苦労をされています

生かすためとはいえ
このままでは
業者さんも職員さんも倒れてしまうんじゃないかと思うくらい

おばちゃん達、保護主は
いっぱいになったら保護できない

それはセンターもおんなじて
いっぱいになったらそれ以上は保護できない。


衰弱死した子は殺処分数にはカウントされないだけなのだ

殺処分ゼロにこだわらないで欲しい


こちらも改めて記事にさせていただきたいと思う。

茨城センター






ぜんぜんご報告ができてなく
何から書いてよいのか
わからなくなってしまった。

4月~5月中旬過ぎ(もっとだったかも)

ねこかつのおっちゃんと
かわりばんこに毎日、茨城へと通っていた


1日の収容が50匹を超えた日、30匹を超えた日、20匹を超えた日

80~100グラムの乳飲み子をたくさん見てきたので

いつの間にか
200グラム超え→小さくない乳飲み子
300グラム超え→大きな乳飲み子
400グラム超え→大きな子猫

感覚がそうなっていったのだ


譲渡登録団体様
ボランティア様
預り様
センターの業者さん、職員さんのおかげで

5月
茨城センターの猫の殺処分は行われなかった

おっちゃんが記事にしてくれました↓

保護猫カフェねこかつ


「今、気付いたんですけど5月
殺処分ゼロですよ」

5月最終日
おっちゃんが言った言葉
忘れることはない。


殺処分ゼロにしようと始めたわけではない

おっちゃんの呼び掛けに次から次と
ボランティアに手をあげてくださった皆様

他団体様も例年より
たくさんの乳飲み子、子猫を保護してくださった
結果が

殺処分ゼロだったと思うのだ


その後も
たくさんのボランティア様のおかげで
毎週
おっちゃんとセンターからの引き出しは
続いています

先週は火曜日と金曜日
茨城だった

火曜日
ねこかつさん
ファニーキャット様
しっぽのなかま

ありがとうございました。



ご報告ができていないのですが

先々週
ねこかつのおっちゃん
状態の悪い子猫ばかりを15匹

猫やしきでは子猫4匹と成猫一匹保護
(改めてご紹介)

そして
やはり先々週
センターから成猫、子猫
合わせて9匹
しっぽのなかまで引き出し、一時保護

先週
猫やしきへ移動
(改めてご紹介)

うち子猫一腹3匹
しらさぎカフェ様へ

ありがとうございます。

その前のことは
いつセンターに行ったかも書類を確認しないとわからなくなってしまった。

とにかく
ねこかつさん、ウエルキャットタンタンさんでは本当にたくさんの子猫を保護してくださっています



5月、ブログをご覧くださった
県内の個人ボランティアs様が

子猫保護できます。とメールフォームよりご連絡くださり
6月、ご自宅までお伺いさせていただき
一腹4匹保護していただいていた

二段ケージに兄弟ごとの保護
細やかなケア

とても丁寧な保護と譲渡をされている方で

お部屋もとてもきれいにされていて

いいなー
ここんちに住みたいなー
と思った。

そのS様が、先週
次の子猫保護できますとメールをくださり

急きょ、金曜日に茨城センターへ

収容させていた木曜日までの猫は
他団体様が引き出し保護してくださっていた

収容棟には
金曜日に収容された
一腹4匹と下半身付随らしき子猫と
ひどい風邪で、今にも死んでしまいそうな両目がないきじとら子猫

下半身付随らしき子猫は
ランタとてまりと重なり

両目がないきじとら女子は
みらいと重なり

とても置いて来ることができなかった。

一腹4匹は県内の個人ボラS様に保護していただけるので

六匹連れて帰ることに。


書類を待っていたら

微妙に乳飲みかなという感じの子猫が一匹
新たに収容されてきた(写真が保存されておらず)

一匹ならなんとかなるさ
とつぶやいていたら


今度は
センターの車が一台戻って来た
( センターから役場に犬猫を迎えに行く車)

中には
白黒の風邪っぴきが一匹

にゃにゃにゃーん
(おばちゃんーと聞こえた)

・・・。


結局
金曜日収容の8匹を保護。

一腹4匹と微妙に乳飲み子な感の一匹は個人ボラS様が保護

ありがとうございます。

S様はブログをお持ちなので改めてご紹介。

今回も、引き出しの窓口になってくださった
しっぽのおばちゃん
ありがとうございました。


両目のないきじとらは
今にも死んでしまいそうで
センターで一度、補液をお願いした

病院に電話したところ
診察時間に間に合わなくても待っててくださると先生がおっしゃってくださり

センターから直行させていただいた。



白黒は
風邪が治ればきっと大丈夫

この時点でもう
きじとら女子は体温が下がりかなり厳しい状態だった

金曜日、土曜日と通院
強制給餌

復活してくれることはなく
土曜日夜、息をひきとった

とても静かな夜だった。


下半身付随らしき白さばは呼吸も荒く
横隔膜ヘルニアだった。
金~日曜日通院

本日、横隔膜ヘルニアの手術のため
昨日から入院させていただいた

下半身付随、550グラムの子猫の横隔膜ヘルニア
の手術

かなり難しい手術だそうだ

だが手術しなければ生きられない


ちょうどこれから手術が始まる

先生、よろしくお願いします


ちびっこよ頑張れ

こっちの世界へ
戻ってきて

どうか、どうか。

猫の里親会のお知らせ


只今、たくさんの猫キッズ達を保護しています

猫キッズ達
20~25方参加させていただく予定

皆様のご来場お待ちしています。
里親様募集中!
urawacats
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
最新記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR