なっくん・その後


2月5日に記事にした
なっくんのこと


後ろ足を引きずる感じと
瞬膜が出ていたので
病院で看ていただいたが
特に異常はないと思われ
インターフェロンのみで
様子見となっていた


だが
やはりおかしい

いつもと違うのだ

後ろ足を引きずるというよりも
歩き方がぎこちなくなんとなくおかしい

再度
病院へ。

熱もないし
食欲も旺盛

検便
虫なし


でも

瞬膜が引っ込まないのだ

念のため
血液一般と生化学検査をお願いしたのだが

すべての数値が正常


おば「あの・・」

先生「インターフェロンですね」


インターフェロンで様子見となった。


その後
ぎこちない歩き方は改善され
瞬膜も引っ込んだ。

いつもの
なー坊に復活!


なんだったのだろうか?


いつもと違う事と言えば

みらいが死んでしまったこと

何かしたといえば

なっくんに初めて
ブロードラインを垂らした事
(いつも定期的に垂らしていたのはレボリューション)


ちなみに
ヒロとパンナは
ブロードラインを垂らした後

一時的に皮膚が赤くなってしまった
(副作用かと思われる)

他の猫達は、垂らした後
特に変化はなかったと思われる。


里親様募集中!9/25 更新
urawacats
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
最新記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR