引き取り屋という商売





こちらは
某県の動物の引き取り屋の画像

しっぽのなかま二子玉川いぬねこ里親会スタッフの
みよちゃんさん撮影

とある日
しっぽのおばちゃんとみよちゃんさんが
こちらの引き取り屋へ

その前にも
しっぽのおばちゃんは、この「引き取り屋」から犬を数10頭保護して来たのだ

この日も保護へと向かったそうだ

ボラさんが掃除をした後のため
まだこれでもましだが
引き取り屋は何もしないそうで
ボラさんが行けない日は悲惨であろう事が想像できる

ここにいる犬達は
ブリーダーの繁殖犬だったり、売れなかった子犬達


2013年9月の動愛法改正により

センター(自治体)はブリーダーやペットショップからの動物の引き取りを拒否できるようになった

それは
センターでの殺処分数を減らそうという狙いからだと思う


確かに
各地のセンターでの殺処分数は減少傾向なのかもしれない

そりゃ引き取りを拒否すれば
数は減るさ

だが
こうして
ブリーダーやペットショップからの

嫌な言い方だが
不要になってしまった動物の「引き取り屋」という商売ができてしまった現実がある

聞くところによれば
引き取り屋は一万円~くらいから
引き取っているそうだ

水もないご飯もろくにない

掃除もしない、汚い狭いケージの中で
亡くなってしまう犬達

まさに、生き地獄


しっぽのおばちゃんは
またこの引き取り屋に犬を保護しに行くそうだ。


センターで引き取りを拒否して
殺処分だけを減らしたって
不幸な動物は減らないと思うのだ。



引き取り屋という商売があり

そこが生き地獄だという事を
知って欲しいと思う。

カレンダー販売中!
里親様募集中!
urawacats
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
最新記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR