茨城3兄弟




以前記事にした
しっぽのなかまに保護された3兄弟

保護時は産まれて間もない乳飲み子だった兄弟達は
茨城のTさん(正しくはTさんの預かり様Oさん)が乳母をお引き受けくださり
すくすくと成長

預かり様が病院に
一回めのワクチンと血検、検便、健康診断に連れて行ってくださった

そして先週、猫やしきへ移動

命助けてくれたしっぽのおばちゃん
大変な乳母をお引き受けくださり
育ててくださった預かり様に感謝

本当にありがとうございました。

移動当日
誰、このおばちゃん

写真は猫やしきにて 上から
花ちゃん
たろう君
小太郎君

花ちゃんは
可愛い先住猫さんのいる
さいたま市の優しい猫バカご家族宅へ

たろう君は優しい里親様宅へ
おばちゃんの里親様なので書くまでもなく
もちろん猫バカご家族である

そして
小太郎君は
さいたま市のこれまた優しい猫バカご家族宅へ

お三方共 5日と6日にお届け完了

只今トライアル中

猫バカすぎて笑いが止まらなかったの巻
(失礼f^_^;)

それぞれのご家族様へ
ありがとうございました
トライアルどうぞよろしくお願いします。

皆様ご一緒に

「猫バカ バンザイなのだ!」

ありがとうございました。


話変わり
なんだか最近質問されること2つ

ブログ名と保護活動のきっかけ


まずブログ名の
浦和キャッツ

えー
おばちゃんちが
さいたま市浦和区なのと
浦和レッズが好きなので。

保護活動のきっかけは
おばちゃんがオギャーと産まれた時から家の中にわんこが5人いて(最近までずっと八人だと思っていたんだけど おばちゃんが産まれる前に八人いたそう)

婆ちゃんと父さんが荒川河川敷で保護して来たわんこ達だったそうな

年を重ねおばちゃんが子供の時に最後のわんこが亡くなった

シーンとしちまった家

そこへ
ある日 庭に猫がやって来た
ねこむすめという白いきれいな女子猫だった

それから次々に猫がやって来て
婆ちゃんの猫活動が始まったのだ

結婚して一度は実家を離れたものの
二世帯住宅にして
また戻って来た

婆ちゃんの活動はずっと続いてた

平成13年
大好きな婆ちゃんが他界

それから
婆ちゃんの後を継いだ感

TNRがメインの活動だったのだが
しっぽのおばちゃんと出会い
そのあまりに凄いオーラに衝撃を受け
惚れ込んじまったのだ

それから
明日が来ないセンターに収容されている猫を保護するようになり
現在となる。

ブログを始めたのはずっと後の2010年

昔も今も
ただの猫好きおばちゃんである

これから先もそうでいたい

ブログを始めた頃は、まだちょっと若かったので
自身をおばちゃんと書いても笑えた

だが月日は流れ
ホントのおばちゃんに

ほうれい線が笑えないf^_^;


まっ いっか。

里親様募集中!9/25 更新
urawacats
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
最新記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR