9月21日そして9月23日入院




ゆきのすけのご報告続きます


9月21日
瞳孔が開いたままになった
(写真一枚め)

瞳孔の検診

だがその瞳はこの時点は綺麗だった

この日もインターフェロン

少量の補液
抗生剤は投薬

次の日も同じ

しかし深夜、更に瞳孔の変化を感じ
9月23日
違う病院へ
(2枚めの写真)

呼吸も少し荒く

先生もおばちゃんも四年前のはっちの時と同じ
FIPが頭をよぎったのだ

異常に高い白血球数
高めの総蛋白数
黄疸なし
貧血
レントゲン
腹水はなし


はっきりさせるため検査センターに検査にだしていただいた

そのまま入院となった


入院の間 検査センターから結果報告があり
ゆきのすけは
やはりFIPだったのだ

緩和療法になるわけだが
ステロイド注射をプラス

開いたままの瞳孔は治り
入院中もよく食べていたそうで
9月26日
退院の運びとなったのだ。

山を超えてくれたと思った


抗生剤とステロイドが処方された。


調子の良い日は投薬

高熱で食欲不振の日は病院に注射に通う日々


言い方は変なのだが
FIPを発症しているにもかかわらず
穏やかな日々だったように思う。

譲渡会のお知らせ
猫の譲渡会&プチフリマのお知らせ
里親様募集中!
urawacats
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
最新記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR