ひとりぼっちで収容されていた乳飲み子


今日は久しぶりに、猫の引き取りで
さいたま市の動物愛護ふれあいセンターへ
理由は1つ下の記事から↓

ひとりぼっちで収容されていた黒い乳飲み子
今日現在、三週齢くらいかと思われる

ガリガリな黒いねこ

センターの職員さんは必死に哺乳
そして只今、離乳食開始

月齢よりもぜんぜん小さな体

職員さんへ
今日までお世話をしていただきありがとうございました

そしてちびっ子は信頼なるKさん宅へ
体調安定したら
ご家族の元へ(Kさんのお姉さんご家族宅)

頑張って元気になっておっきくなるんだよ
君には明日がある
幸せになるんだからね

Kさんありがとう
大変かと思いますが
ちびっ子をどうぞよろしくお願いします。

皆さん、どうかちびっ子に
元気玉をお願いします。


さいたま市動物愛護ふれあいセンターは
さいたま市内からのみの収容となる
なのに
この時期はやはり子猫がたくさん収容されているのだ

なんとか助けたいと
職員さんがお世話をしてくださっている

だけどお世話には限度があり
残念ながらみんな助けることができない現実がある


保護環境の問題を考え、今日は連れて帰れなかった

お見合いとお届けが終わったら(約二週間後)
お一方、成猫さんを引き取る予定

それまでのお世話を職員さんにお願いして 逃げるように退去した

おばちゃんはとてもセンターでは働けないヘタレな人間である。
譲渡会のお知らせ
猫の譲渡会&プチフリマのお知らせ
里親様募集中!
urawacats
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
最新記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR