譲渡主の責任と飼い主の責任と

メールのお返事が大変遅れていて本当に申し訳ありません。

今しばらくお待ちくださいますよう
どうぞよろしくお願いします。


~~~~~~~~~~~

5年前と3年前に
譲渡させていただいた里親様より
先週末お電話をいただいた

3年前譲渡させていただいた猫が脱走

里親様とチラシ貼りと
一軒一軒ポスティング
捜索と
ご自宅周りに捕獲器の設置

迷子の対応は早ければ早いほど
保護できる確率が高いかと思う

※里親様は脱走してすぐにご連絡くださったのだ

目撃情報がなく
情報を公開させていただき
お手伝いをお願いし
もっと広範囲にチラシ貼りとポスティングをと思っていたところ

里親様が
ご自宅前にて迷子猫
発見。

なので
おばちゃんは昨夜は里親様宅へはお伺いせず
捕獲器に入ってくれるのを
里親様が待ってくれています。

どうか
入ってください。


迷子になってしまったら
「諦めないこと」



※譲渡してそれで終わりではないのです

仕事の都合でどうしてもすぐに駆けつけられない時もあるかもしれない

だけど必ず駆けつける

それが譲渡主の責任だと思うのだ

そして
保護することが飼い主と譲渡主の責任だと思う。

誰が、それぞれのご家族に命を託したの?

それは譲渡主だもの。

どんなに脱走防止策を徹底したつもりでも
「絶対ない」はない。

それは譲渡主も同じこと

脱走してしまったその後のことがとても大切だと思うのだ。

数年前にも
違う里親様宅で脱走があったのだが
捕獲器を積んで里親様宅に向かう途中

保護できたと
里親様から泣きながらお電話をいただいた
(そのまま里親様宅にお伺いさせていただいた)


まだ違う里親様宅での脱走は
捕獲器を届け
脱走した翌日に里親様が保護


そして
もう一回は
このブログを始めてすぐの
元気のトライアルお宅様からの脱走

この時は、すぐに情報を公開させていただいた(弱小ブログだけど)

情報を公開したのには理由があった。

理由があり
元気は猫やしきに連れ帰ったのだった。

トライアルを決めたのは誰?

それは譲渡主である。


※譲渡主の責任はとても重いのだ。


話がそれましたが


勇気を出して
捕獲器に入るのだ!

繰り返しますが


譲渡主は
譲渡してそれで終わりではないのです。
お届けの地域を限定させていただいているのは
あまりに遠方だと
何かあった時、駆けつけることができないからなのです。
カレンダー販売中!
里親様募集中!
urawacats
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
最新記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR