FC2ブログ

ご支援誠にありがとうございます。茨城県動物指導センターより負傷猫3方、成猫の引き出し







ブログの更新もできてなく
とても不安だったのですが

今日までにたくさんのご支援をいただいておりまして
本当に
感謝の気持ちでいっぱいです。

ご支援を募らせていただきましたので
改めまして
ご支援のご報告をさせていただきます。

高額な保護費がかかっておりまして
大変助かりますm(__)m

それから
二つ下の記事の乳飲み子の事

茨城センターの委託業者の従業員として
週2日だけだけでもセンターで働く者として(週3日は地元さいたまで働いています)

センターのこと
改めてお伝えしたい事があります。

猫舎、保護犬舎、ふれあい犬舎、負傷棟を担当させていただいております。

今日はこれからセンター勤務ですm(__)m

メールのお返事が大変遅れておりますこと
深くお詫び申しあげます。

お返事の前にブログを更新して
申し訳ありません。



茨城県動物指導センターでは
乳飲み子が毎日のように収容されているのですが
(乳飲み子は事務棟にて県職員さんがお世話をされてます)


このところ
負傷猫の収容が続いていて
猫舎は一時、収容いっぱいいっぱい

エイズ白血病収容舎は
現在いっぱいで
キャリアの猫さんの収容場所がもうありません。


少しだけ負傷猫と成猫を引き出しました。

ご支援のおかげですm(__)m


写真上から

☆片手骨折と首を怪我した子猫
(センター収容は負傷成猫扱い)

緊急性があると思われ
引き出し


☆下半身麻痺
膿胸疑いの子猫
(センター収容は負傷成猫扱い)

まだ公示期限内だが
息が荒く緊急性があったため急ぎ引き出し


☆臍ヘルニアの子猫

出べそが柔らかいので
そんなに緊急性はないとは思われたが
腸重積や脱腸が心配で
引き出し


☆公示期限の切れた
人が好きな成猫

猫舎がいっぱいで
次の収容猫の場所確保が難しく
引き出し


収容場所確保のため
他団体様も
連休前、成猫を引き出されていますm(__)m


収容中に全員センターでパルボ検査
陰性


負傷、衰弱の子達は
センターで獣医師の職員さんが治療をされています。

負傷猫が次々で
センターでは毎日がオペの週があったのです。

センターには
具合の悪い子が多くて

乳飲み子が多すぎて

とても職員さんの人手が足りないと感じています。


では
茨城へ行って来ます。


里親様募集中!
urawacats
NPOしっぽのなかま猫の里親様募集中
urawacats
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
最新記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR